リサーチ CTR (株)コンシュマー・トレンド・リサーチ

定性調査

グループ・インタビュー
あらかじめ設定した会場での複数・同時のインタビューですが、弊社指定のモダレーターを軸に調査対象者による座談会の形式を採ります。主なものは「グループインタビュー」(1グループ6〜8人、1グループあたり2〜3時間)で、座談会での会話を通して参加対象者の印象・考えなどのインデプスを明らかにすることがねらいです。
またグループ・インタビューの発言記録は、専門の記録係が入力をおこないます。 
発言記録一両日に納品は可能ですが、お急ぎの場合その場合 CD、お手持ちのSBUに落とします、SDカード、提出も可能です
その他の調査手法
CTRがお引き受けするのは、ミニグループ(1グループ3〜5人、1グループあたり平均1.5〜2時間 )、ペアインタビュー(2人の対象者(友人や夫婦など)で平均1〜1.5時間 )、インデプス・インタビュー(モデレーターと対象者の1対1の対面式インタビュー、1ケースあたり平均1〜1.5時間)、対象とする消費者の生活の場やショッピング等に同行し、生活全体を捉えながら消費行動をとらえる手法などです。
調査リソース
東京を中心に7人の弊社契約モデレーターが広範囲の分野をカバーしています。また弊社のもとでそれぞれ複数のリクルーターを管理・指示しています。
リクルートの方法としては、まずスクリーニング票を基に、各リクルーターが持っているデータベースや人脈のネットを駆使し、電話で対象者を募集する方法です。また首都圏以外(北海道〜沖縄まで)でのネットワークも維持しています。

定量調査

弊社の全国の調査員を活用し、主にアンケートを通じてリサーチを行います。主な定量調査のタイプは

  • 訪問・面接調査
  • 会場調査(CLT)
  • 郵送調査
  • 電話調査
  • 街頭調査
  • 来店客調査

などです。 なおこれらの活動を通じて得たデータは、数値化してご希望に応じたグラフなどの形式でご提示いたします。

調査リソースおよびカバー地域
首都圏はもとより全国各地にアドバイザーを配置するとともに、その下で実際に働く調査員のフィールドワークの質の向上がきわめて重要と考え、彼らに適切なアドバイスを与えるとともに彼らの全国ネットワークの強化に日々勤めています。
なお、過去19年間に調査に携わった地域は
  • ・北海道
  • ・青森
  • ・岩手
  • ・山形
  • ・宮城
  • ・石川
  • ・富山
  • ・新潟
  • ・福島
  • ・長野
  • ・栃木
  • ・茨城
  • ・群馬
  • ・埼玉
  • ・千葉
  • ・東京(23区及び都下)
  • ・神奈川
  • ・静岡
  • ・愛知
  • ・大阪
  • ・兵庫
  • ・広島
  • ・岡山
  • ・鳥取
  • ・山口
  • ・香川
  • ・徳島
  • ・愛媛
  • ・高知
  • ・福岡
  • ・大分
  • ・佐賀
  • ・長崎
  • ・熊本
  • ・宮崎
  • ・鹿児島
  • ・沖縄
などの主要地方都市を含みます。
調査結果等の英文レポートを含め、一般文書の翻訳・作成
  • 国内外のSOHO(在宅)翻訳者10数名、米国、カナダ、フランス、イギリス、オーストラリアなどに在住のネイティブ・コピーリーダーなどのネットワークをフルに活用し、納品前にコーディネーターによる最終チェックを行います。
  • お受けする分野は、マクロ経済、産業、ハイテク、バイオテク、政治、外交、文化・社会など。作業分量にもよりますが、日本時間正午に発注していただくと翌日の正午には最短納品可能です。
  • 料金は、締め切り時刻までの時間、作業分量などに従いご相談させていただきますが、一般的相場は1ワード(英単語)20円前後となっていいます。(弊社の場合は翻訳からネイティブ・チェック、コーディネーターの最終チェックまでを含みます。)
  • また簡単な文書のレイアウトの作成なども可能です。

*上記業務についての、コスト見積もり・作業スケジュールなどについては、ご相談の上すみやかにご提示いたします。